「つくろい物の会」

今日は初めての

「つくろい物の会」でした。

とれたボタン付け



タイツのつくろい
壊れたおもちゃ直し



そして、ずーと娘さんにねだられていたという
お人形の布団 など



それぞれの縫い物をおしゃべりしながらしましたよ♪




手を動かしながらおしゃべりする時間
とても気持ちが落ち着くから不思議

やり始めたら直ぐにできること、
でも後回しにしていたこと、
みんなで集まっておしゃべりしながらやっつけてしまうの本当いいわぁ


今度の繕い物の会

子どもたちが自分でできるエプロンを作ろうかな?と計画しています。

お楽しみに!

つくろい物の会

こんにちは
今日はまんまるんの新しい会のお知らせです。

「つくろい物の会」

その名のとおり
穴あき靴下やちょっとしたお直しなど
持ち寄っておしゃべりしながら
つくろい物をするという会です。

・・・・・・

昔観た「キルトに綴る愛」という映画
大学院生の主人公(ウィノナ・ライダー)が、
卒論を仕上げるために祖母の家にやってきて、
はじめは理解できなかった
祖母たち女性のキルトを縫う集まりやおしゃべり、
自然と共に暮らし、祖母たちの生活に触れるにつれ、
平凡な日常に深い意味を見出していくというストーリー

・・・・・・

昔から子育てや家事はご近所さんたちと繋がって
知恵や癒しを受け与えながら
綴られ、そのさして変化のない日常の営みが
実はとても大切な、人の土台となってるのではないかと
まんまるんは考えています。

つくろい物が今は無いという方、
どうぞ手ぶらでも
お好きな縫い物でもお持ちくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・
日  時  5月11日
     10:30〜12:30
場  所  Happy子育て応援スペースまんまるん    
                 山田こどもクリニック内
   南島田 町4丁目54−1(エディオンタクト店西)
参加費 お一人様1rung(500円)
 (プリペイドカード4rung 2000円分事前購入お願いします。)
   プリペイドカードご利用でない方は
   お一人様700円
申込み 連絡先 ☎ 080-4031-1317
メール happymammarung@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・







 

5-6月のちくちく

二回連続でソックモンキー作りを楽しみました。
なぜか作り手に似てくるソックモンキー
一番左端のソックモンキーが私の制作中のモンキーちゃんです。
 フォルムが・・・私の体型・・・(^_^;) じっくり見ないでね。

 mamma-rung 写真 004.jpgmamma-rung 写真 003.jpg
5月はここまでで終了。
続きを6月に作りました。


















RIMG0012.JPG6月はソックモンキーだけでなく、
こどもがおんぶして遊べるよう
おんぶひもも作りました。
















RIMG0013.JPG写真を回転させずにアップしてしまいました。

見にくくてすみません。
背中で寝ている
かわいいソックモンキーちゃんに
めんじて許してください。m(_ _)m












3月に参加してくださった,マダムのソックモンキーちゃんが遊びに来てくれました。


RIMG0015.JPG向かって左が
かいちゃん
あかちゃんの服をアレンジして着せてもらっています。


右がそらちゃん
帽子もドレスもニット編み
フラメンコダンサー風で、スペインの風が漂ってきそう。











もう一人のお友達 さつきちゃんは
神山の展示会に出張中。
お母さんが着物を縫ってくれて、手まりも作ってくれました。


ソックモンキー作りもいよいよ大詰め。
7月のソックモンキー展に向けて
私達も完成を目指します。(*^_^*)

4月のちくちくクラブ

 今回は新しいメンバーを二人迎えての会でした。

‘ちくちく’しながら・・・

好奇心いっぱいの1歳7ヶ月の子の話。



この年頃には、そろそろ自分でなんでもやってみたい意欲がでてきます。

やりたい気持ちがでてきた時に 丁寧に関わっていくことで
身辺の自立がだんだんとできていくよね〜

洋服も自分で着たい 
ズボンも自分ではこうとチャレンジし始める

そんな姿を想像して 前後ろがわかりやすいように
ズボンのポケットを前側につけることにしました。


    

ソックモンキー

3月のちくちくクラブでは
アメリカでうまれた 愛の贈り物=ソックモンキーを作りました。

ソックモンキーについてはこちらのホームページを御覧になってください。

参加者は子育て中のママと子育てを終えた手芸大好きマダム


マダム方には、いろんなアイデアを教えていただきながら
20代〜50代の世代がわいわいとおしゃべりしながら手を動かしました。


 原型までできあがり!

  誕生☆作る人の雰囲気に似てくるソックモンキー
                     それがまた味わいあって楽しいところ ここから更に小物も
                     作っていくそうです。


手芸が大の苦手なママも、苦手だからこそ・・・と参加されました。 嬉しい。

  私のズボンもうすぐできる?    

これをはいて4月から幼稚園に行くの(^^)v 

ちくちくクラブのうたい文句は「家庭科(の通信簿)1,2でもできるソーイング」です
次回は4月15日予定。ズボンやソックモンキーをつくります。

初めてのズボン作り


山田こどもクリニックのスタッフが身につけているエプロンは
‘じかん’さんが クリニックのイメージと赤ちゃんの視点から考えて 
作ってくれました。

彼女と共催しながら まんまるんで
こどもの身近なものの
お裁縫をしていくことにしました。その名は、“ちくちくクラブ”

2月16日一回目のちくちくクラブをおこないました。今回の参加者は2名。

まずは 乳幼児に動きやすいスウェット地でズボン作りに挑戦



ミシンの使い方からおしえてもらいイザ!


Teaブレイクもしつつ


そして 完成

生まれてくる赤ちゃんのために。 保育所でめいっぱい遊んでくるYくんに。
お母さん達は大満足です。

ちくちくクラブは今後も月一回のペースで行っていく予定です。





1