防災のお話をしました。

国府在宅育児家庭相談室「あいあい」で防災のお話をさせていただきました。

いつおきてもおかしくないと言われている「南海トラフ巨大地震」

妊婦さんや乳幼児、アレルギーのお子さんなど、地震発生時には災害弱者となることが多いですが、知識を持ち、少し備えておくだけでいざという時には大きな助けとなります。

 

災害時には救急車など公共の助けはすぐには受けられないと考え、それぞれが備えておくことが大切です。

今回は「南海トラフ巨大地震」の現在わかっている情報からお子さんのいるご家庭でのそれぞれができる対策、備えなどのお話しをさせていただきました。

普段から練習しておくと、小さなお子さんも自分で自分の体を守ることができる、「ダンゴムシの安全ポーズ」など、子どもさんと一緒にできる準備もあります。皆さんも子どもさんと一緒に普段から「ダンゴムシの安全ポーズ」で遊んでおくことがオススメです。

 

 

最後に皆さんに赤ちゃんへの心臓マッサージの体験をしてもらいました。

たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

 

 

 

政府広報<災害時に命を守る一人一人の防災対策>