おむつなし育児のつどい 

今日はおむつなし育児のつどいでした。

 

 

子どもの育ちに沿って、大人は後ろから応援する

おむつなし育児

 

おむつなし育児に限らず

お母さんが一生懸命になりすぎたり、期待が大きすぎると赤ちゃんもその空気にのまれて意欲をもてなかったりしますよね!

今日、参加の方は実践中のお二人でしたので、

今の様子や工夫を教えていただきました。

 

 

 

初めは時間を決めて赤ちゃんをトイレに連れて行っていたKさん

赤ちゃんのおしっこが出ることを期待して、怖い顔になってることもあったそうですが、

おむつなし育児研究所の和田先生のアドバイス

「お母さんのトイレのタイミングで一緒にトイレに連れて行ってあげるのもいいよ」ときいて

今では朝起きた時とお母さんのトイレの後に赤ちゃんもトイレに座らせてあげているそうです。

出るときもあるし、出ないときもあるけど、歌をうたったりして、2分くらい座っているそうです。

赤ちゃんが飽きない程度の2分で切り上げてるのがポイントですね。

 

Uさんはそんな時「ふるさと」の歌を3番まで歌ったら終わりと決めているそう

 

小さな時からトイレでお母さんに歌をきいていたら、狭い閉鎖的なトイレの空間も心地よい場所に思えるかもしれませんね。

 

 

Uさんはお風呂に入るときに、浴室の洗い場でおしっこをさせてあげているそうです。

排泄の自立への3ステップの1番目、「体から排泄物が出るということを5感を使って脳が認識する」良い経験ができますね。

 

 

赤ちゃんをよく見て、その子の様子に合わせそしてお母さんも無理なく楽しく思える、それぞれの工夫とても参考になりました。

 

また「おむつなし育児のつどい」でまた割れパンツをみんなで作りたいなと思い、試作してみました。

次回の「おむつなし育児のつどい」日時が決まりましたらお知らせいたします。